介護計画の情報サイト [介護計画ナビ]

介護計画(ケアプラン)のあれこれな情報を提供致します。

介護計画ナビロゴ

介護計画    

介護計画ナビは、介護計画と呼ばれる家族に介護が必要になった場合にたてられる計画(ケアプラン)の情報を掲載しています。はじめてのことでわからない事も多い介護計画の知識の収集のお役に立てれば幸いです。

介護計画によって、どのように家族の介護をしたら良いのか。どんな介護サービスが利用できるのかなどが見えてきます。

介護計画の作成は、介護の専門家であるケアマネージャーが中心となって、家族と相談しながら進めます。ですから、家族それぞれの事情などを詳しく説明し家族にあった介護計画を作りましょう。

介護計画はどのように作られる?

まずは、市区町村の介護窓口に申請を行うことからはじめましょう。その後、要介護認定の結果が通知されますので、介護計画を立ててサービス開始となります。
介護認定された場合には、特別養護老人ホームや老人保険施設などの施設に入居してサービスを受けることもできますし、在宅で介護サービスを受けることもできますが要介護認定での判定が「自立」の場合は介護サービスを受けることはできません。


介護計画の作成からサービス開始までのフロー

多くの家庭では、はじめの段階として家族が介護者を認識し、市区町村の介護窓口に相談することから始まります。そして次の段階では、家族や介護者のニーズをヒヤリングします。その後、ケアマネージャーにより介護計画の原案が作成されます。そして、作成された介護計画をもとに再度、家族や介護担当者、介護者を含めてニーズにあっているかどうか介護計画を見直す必要があれば修正します。そして介護計画が確定します。介護計画が確定すれば、サービスが開始されます。


介護計画で行う訪問介護

介護計画で、訪問介護サービスが利用できるようになれば、ヘルパーさんに自宅へ来て頂き介護サービスを受けることができるようになります。ではどんな内容の介護をお願いできるのでしょうか。 初めての事でわからない方が多いのではないでしょうか。 介護内容としては、入浴や着替え、また、食事介助のための調理などの項目があります。このあたりはケアマネージャーと相談してみましょう。家族の介護とヘルパーさんの介護サービスをうまく組み合わせて、できるだけ負担のかからないようなサービスの利用を行いましょう。
Copywright (c) 2012 介護計画ナビ http://kaigokeikaku.info/ All Right Reserved.